A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

来る

みた。
kuru-movie.jp

原作未読。原作特設サイトが豪華。
『ぼぎわんが、来る』澤村伊智 特設サイト|KADOKAWA https://promo.kadokawa.co.jp/bogiwan/

Comic Walkerダヴィンチニュースで連載中コミカライズ作品の一部も読むことができる。

各場面的には面白いのだけれど、なんだか理不尽なのである。
同僚の高梨がなぜあんな目に遭うのかわからないし、祖父母のくだりもしっくり来ない。わからない、得体の知れないものへの恐怖といったらそれまでなのかもしれないが、そのWhyがもやもやしたまま終わるので「怖い」という感覚より「???」が強く残る。同じく得体は知れないが、丁寧に伏線回収をしたヘレディタリーの方がよっぽど納得感がある。

恐怖演出とかはあまり興味なくて、むしろ松たか子演じる琴子本人登場時の「悟空が来てくれた!」感とか、お祓いのために全国から宗教の壁を超えて和光のマンションに集結してくるところが茶番じみているけど一番わくわくする。
名スレ 『空を見上げて「バカな・・・早すぎる・・・」ってつぶやいたら』 のようである。もっともこちらは何も始まらないが。

社会生活では薄っぺらい表層の笑顔に隠されている闇が突如SNSなどで噴出し炎上するようなものと思えばよいのかも知れない。ネットワーク上のストレスを溜め込んだパンドラの箱が開いてしまうと、靴を片方落とそうものならワームのように広まり、個人ではもうどこにも逃れられず、得体の知れない攻撃者はあらゆる方面から襲いかかる。本人だけでなく周りの人間をも巻き込んで歪んだ正義により成敗される。こうなると警察や国家を巻き込んで「祓う」必要があるのかもしれない。信じられるのがリアルの痛みというのも、仮想世界へのディスなのか。

伝わりにくい個人的みどころ
  • ボグッ(真琴が千紗の顔に物理攻撃)

BONNIE PINKのEvil and Flowersがお祓いシーンで使われたこと。中島哲也監督といえばBONNIE PINKがよく使われる。そういえば真琴も髪がピンクだな。
open.spotify.com
open.spotify.com
open.spotify.com