A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

オーシャンズ8

みた。

wwws.warnerbros.co.jp

火曜日なので1,400円で。

前半睡魔に襲われオーシャンズ3~6くらいまでよく覚えていない。気づいたらメンバー揃ったって感じ。
だいたいどの映画でもハッキングはいつもご都合主義的で、今回も漏れなくそんな感じだったが、ナインボールかっこいいので許す。
出所後のデビーの大胆な万引きはすぐにでも実践できそうだけれど(まあそううまくはいかないか)、映画「万引き家族」で「犯罪を助長する」と言ってた人はこの映画でもそういうこと言うんだろうか。
シリーズの全作品たち、すなわち男性版オーシャンズとどうしても比較しちゃうかなと心配だったけど、完全に別物として見たのであまり気にならなかった。オーシャンズ11、12、13は人数が多すぎてゴチャゴチャしちゃってた印象があった(というか内容薄まって印象がむしろない)ので8人くらいがちょうどいいのかもしれない。

残念なのは本作の計画遂行はあまりトラブルもなく進むのでスリルが感じられなかったことだ。女性ならではの確執があってもよさそうだけれど、それだとテンポ落ちちゃうのか。アクションシーンはあまりないのだから、華麗に完全犯罪をキメていく様がもう少し心地よくあればなあ。宝石かっさらうシーンも女性にやって欲しかった。潜水艦操作しただけじゃん。

全体的には深く考えずに見ることができる作品にまとまってたと思う。カメオ出演のひとがたくさんいそうだけどあんまりわかんなかった。

伝わりにくい個人的みどころ
  • 一生薄めたウォッカ売るつもり?(スティーブジョブズがジョンスカリーを口説いたように)
  • 安全ピンのネックレス
  • スカジャン
  • アン・ハサウェイのビックリ顔を正面から抜くオチ