A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

みた。
starwars.disney.co.jp

ちくしょうちくしょう面白かった。前作超えて来た。
相変わらずなんで戦ってたんだかはもう忘れてしまったけど、そんなことはどうでもよくって、非常にわかりやすい構成。


見せ場が「ココ!」とひとことで言いにくい。これは群像劇なことも関係しているかもしれない。各キャラクターの見せ場がちゃんと用意されており、長時間でも飽きさせない工夫が凝らされている。ちょっと茶番感のある小ネタも多く、子供向けっぽい?ディズニーだし。雰囲気ぶち壊し?いいんだよこれで、痛快時代劇なんだから。

こんなの「私で最後」などと言って、大事にしまってある神格化されすぎた伝説が雷に撃たれて滅びる様は過去作への決別を感じさせる自虐的シーン。しかもそれに手を下すのがあのマスターヨーダ。(かっこつけなくても)失敗含めて伝えていったらいいよみたいなこと言うのは非常にアツい。さすが師匠。滅ぶべき老害ルークとはいえ「やっと悟空が来てくれた!」みたいなシーンはとてもよかったし、子どもたちに「でさ、そこでルークがさぁ!」と語り継がれるに足る真のレジェンドになったと思う。

いまの子どもたちはどう思うんだろうか。この物語は次の世代に語り継がれる伝説になるのだろうか。それを期待させるあのエンディング、これで最終回でもいいやって気持ち。逆にむしろ次どうするんだという不安も感じつつエンドロールを見送った。

伝わりにくい個人的見どころ
  • おっぱいとルーク
  • そんなに忙しそうじゃない
  • 葉っぱでピシピシ
  • 銀河に伝説は必要
  • 髪型を変えたのよ。(前作の伝わりにくい個人的見どころの回収をされた)
  • 残像だ
  • ローズ・ティコ(整備の女性)が命をはった口づけのあと、レイと再開して熱烈に抱きしめるフィン
  • フォーカスが変わるときちょっと画面が歪んだ感じになるのが気持ち悪かった。