A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

ザ・サークル

みた。

gaga.ne.jp

小説をだいぶ前に買っていたのだが半分近く読んで積んでるうちに映画が公開されてしまった。

ザ・サークル

ザ・サークル

今夜は金曜ロードショーハリー・ポッターやっていたようだけれど、ハーマイオニーじゃないエマ・ワトソンを見てきた。AIのワトソンでもない。

アカデミー賞俳優トム・ハンクスも出ているというのに前評判も全然聞かないなとは思っていたが、やはり内容も地味。それでも彼らの演技の賜物なのか、わりと見れる物語に仕上がっていると思う。ただ話の筋としては大したことない。カタルシスもちょっと弱め。

舞台はGoogleAmazonAppleといった巨大IT企業を彷彿させるSNS企業「サークル」社。業務内容的にはSNSの覇者Facebookか。
狂気じみた意識の高さとポジティブさは、小説を読んだほうがより伝わると思う。主人公のメイはもっと垢抜けない感じだと想像していたけど、これから読む小説の続きはエマ・ワトソンで再生されることになるのか...。

1984年」のbig brother is watching you、「ハーモニー」のWatchMe、「未来世紀ブラジル」に「マイノリティ・リポート」といった全体主義ディストピアものということになるのが、いずれとも異なるのは未来でなく、イマ、ココに最も近いことだ。
トゥルーマン・ショー」なんかに近いのかもしれない。それももうだいぶ過去の話だが。むしろYouTuber的に自ら実況やっていき。

古いタイプの人間は必死に個人情報を隠しがちだが、最近のデジタルネイティブ世代はむしろ個人情報はオープンな前提で慣れているらしい。それこそジェネレーションギャップ、デジタルデバイドなのかと感じる。しかしこの映画はライフログを垂れ流すことの危険性を少し大げさに示す。悪事は千里を越え、人の噂も七十五日経っても残るどころか増殖してクラウドに在り続ける。プライバシー手放すと本当にラクになるのか。ネットの同調圧力は人をも殺す。

結局エマ・ワトソン演じる主人公メイはサークル社員のサークラーではなく、サークル・クラッシャーのサークラってワケ。

伝わりにくい個人的みどころ
  • Doga (Dog Yoga) - Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Doga_(Dog_Yoga)
  • 面接行くときの誇らしい顔
  • 「シールとかユニコーンとか好き?」「うん、大好き!"ニコ"」
  • 5ディスプレイで仕事
  • 日の丸っぽい旗
  • アニー(カレン・ギラン)のデキる女からのやつれっぷり
  • ホールから出てゆくときの日光の眩しさ


一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)