読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

美女と野獣

みた。

www.disney.co.jp


話の筋もオチも知っているので、エマワトソンを愛でる映画と最初から開き直っていた。
ディズニーアニメ版を頑張って再現しているが、あの、さあ物語が始まるよというオープニングのワクワク感がどうもうすい。
華やかなんだけどなんだか弾まないというか。
実写になったところでグミとかゴムまりのような弾性がなくなり、現実の物体感が増したせいなのか。全体的に硬い印象だった。
Be Our Guestの色彩の豊かさとかはよかったんだけれど、途中から野獣を見るたびなぜか渡辺徹の影がチラついて集中できない。なんでもっと怖い顔にしなかったのか。最初から優しそうなんだもん。
あの冬の寒さもあまり感じられない。例のダンスシーンは大画面だと目が回っちゃう感じで追いつけない。
結局、顔はともかく高い教育を受けてお城を持っているようなヤツはモテるし、あんな美女がやってきたら私だって内なる真の愛が目覚めちゃうような気がする。

などと心のなかでグダグダdisりつつ見ていたのだが、最後のシーンはそんな心の闇を帳消しにされたのでよかった。

ル・フウが敢闘賞。一番おいしい役どころ。


Greek to me - Wikipedia

伝わりにくい個人的みどころ
  • ちょっと後確認しつつなんとか演技する馬。
  • 書斎に入るところ
  • 雪玉くらうベル
  • 新たな性に目覚める三流銃士のひとり
  • 最後のダンスシーンのマエストロの演奏中の顔(とにかくこれだけで満足した)