読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

素晴らしきかな、人生

みた。

wwws.warnerbros.co.jp

悪くない映画。俳優陣が豪華なせいか短くこじんまりとまとめてある。ファーストデイの1,100円で見たから特に文句もない。
結構泣かせにくるのだけれど、もう一声!っていう消化不良がある。
もっと何か起きるんじゃないかと期待しすぎたところはある。とはいえ冒頭に書いたとおり悪くない。
一応、そういうことかあという落ちもある。
古いクリスマス映画「素晴らしき哉、人生!」と同じ邦題がついてるけれど、今回のも一応クリスマス映画。
愛、時間、死を名乗る三人の男女が訪れるプロットは、クリスマス・キャロルの過去、現在、未来の幽霊が訪れるそれと似ている。
このクリスマスに関するバックグラウンドがあるともう少し面白いのかな。

rollingstonejapan.com

しかし、ローリングストーン誌が選ぶ2016年ワースト映画では、前々回見たマリアンヌ - A Perfect Night For Bananafishを上回って第3位。
アメリカ人から見てもちょっとクサい映画なのかもしれない。
でもこのクサい感じを劇内の役者として演じるという設定などはうまくやっていると思う。豪華俳優陣のうまさもあり、悪くない映画なのだ。

伝わりにくい個人的みどころ
  • オープニング
  • 公式サイトのドミノ倒しローディング画面
  • フェンスと話しているよ
  • セントラルパークのゴシックブリッジ


thetake.com