読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

マリアンヌ

みた。

marianne-movie.jp

夕方から雨が降るというので傘を持って出かけたのだが、案の定帰りにはやんでいた。
ここのところ傘を持って出かけるときに雨が降らず、傘を忘れたときに限って雨に降られる。
そんなわけで映画の舞台は1942年モロッコ、カサブランカから始まる。アメリカが第二次世界大戦に参戦を決め、映画「カサブランカ」が制作・公開された年だ。
傘を持つと雨が降らない話は関係ない。
昔ビデオでカサブランカを見たはずなのだが、まったく内容を覚えていない。そんな昔のこと...。
中学生くらいだったので見るのが早すぎたのかもしれない。

冒頭はパラシュートで砂漠に降り立つところから。スパイ映画かよ!...スパイ映画なのだった。
中盤クライマックスの暗殺作戦でマリアンヌが撃つのをためらったシーンが印象的で、あのご婦人が今後どう出てくるのかとそわそわしっぱなしだった。

歴史に疎く、モロッコでドイツ、フランス、カナダがいったい何やってるのかちゃんと知らないのだけれど、まあわからなくても大丈夫。
「連合軍(国)」はAlliesというようだけれど、この映画の原題がAlliedと形容詞なのか過去形なのか何かダブルミーニングっぽさがある。悲劇であることは想像にかたくない。

終盤の肝心なときにかからないエンジンとか、手紙を読み上げながら書くとこ、そしてメディシンハットの牧場と背中、このあたりはちょっとクサいなあと思ってしまうが、往年の銀幕映画をあえて意識しているのかもしれない。
仕立てのいい服や帽子、ドレスがとてもよいし、空襲の中の出産シーンや撃ち落とされた飛行機が向かってくるシーンの盛り上がりはスゴイ。

伝わりにくい個人的みどころ
  • それがカサブランカ流よ
  • マリオンの横乳、ブラピの尻
  • 墜落した飛行機の横でピクニック
  • エンドクレジットのフォントのでかさ