読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

この世界の片隅に

映画

みた。

konosekai.jp

年始に地元で見ようと映画館まで足を運ぶ。
わざわざ時間まで調べて行ったのにシャッターが閉まってて入れなくて。休みとは書いてなかったじゃないか...

というわけでようやく見てきた。

究極といっていいくらいの日常系アニメ。衣食住、そして自然、町並み、物語が細部まで描かれた情報量の多さ。
語られない話がきっちり絵に描き込まれており、読み取れないままに空襲警報に追い立てられる。


働き者だけどおっとりのほほんマイペースなすずちゃんが、戦闘の激化とともに大人になりそして次第に感情を昂ぶらせていくさまがすごい。
何があっても涙を流すことのなかった彼女が、戦闘を締めくくる玉音放送の直後に大粒の涙をボロボロとこぼすのだ。
悔しさなのか、安心なのか、これはよかったのか、何がよかったのか、知らないほうが幸せだったこともある。

劇中は感動している暇などなく、劇場を出たあとにぐいぐいこみ上げてくるものがあった。

伝わりにくい個人的みどころ
  • しみじみニヤニヤしとるんじゃ
  • 鬼ぃちゃんの脳みそ
  • 無理です。絶対無理。ウソです。
  • はー終わった終わった