A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

みた。

starwars.disney.co.jp

恒例の奥に流れるタイトルはなかった。
前半は帝国なのか反乱軍なのか、正直わかりにくかった。


データ転送のためのコードが届かないやつのバック・トゥ・ザ・フューチャー感。
ドニー・イェン演じるチアルートの存在感は大きい。もっと棒術見せてほしかった。
ヒロインのジン以外は全然名前を覚えられなかった。
いわゆる名も無き戦士たちのお話なので名前は重要じゃないのかもしれないけれど、あとで語るときに困るヤツ。

スターウォーズだなあという感じはしたし、悪くない映画だったのだけれど、それは前後作あってこそのこと。
ドラマというよりは事件を描いたという印象。

エンドタイトルはシリーズ最速じゃないかっていうテンポで始まり、最後はやっぱり引っ張りに引っ張るジアッチーノ節。

伝わりにくい個人的みどころ
  • (袋を被せられて)Are you kidding me? I'm blind!「私は盲目だぞ」
  • ベイダーのドキドキ♡入浴シーン
  • K-2SO「嫌な予感が..」(ドロイドのくせに!)
  • ピタ(スカリフ上空に反乱軍がハイパードライブでやってきたとこ)