A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最期のモテ期

みた。

bridget-jones.jp

 明日は勤労感謝の日なのに仕事が入ってしまって、その上インフェルノをみて消化不良だったこともあり、カッとなってハシゴした。

 カタブツ文系男 vs オシャレ理系男のバトルになるわけなのだけれど、日本と違って理系の方がナンパな感じなのは興味深い。しかし結局文系男が勝つわけで、理系はいつだって虐げられる側なのは変わらないワケか。 

 ちゃんと笑えるのだけど、あの歳で独身とか他人事じゃないというかむしろ切実な問題を自分につきつけられてる気がしてきて半分はツライ感じになった。前作からの時の流れを感じてしまったというのもある。

 笑えるしホロリともする。すごくよかったんですよ。恋愛映画(これはラブコメだが)はみな自分の体験と重ねたりして心動かされたりさるのかな?でもまったく重ならないことに心が凍って行く感じ、わかるかなあ…祝福された人生を送ってる人、普通に生きてる人にはとうていわかってもらえないだろうなあという心の闇の部分が急成長。笑い飛ばしながらもとてもやるせない気持ちにもなり、気分的にぐんにゃりしてしまった。

 グランピングにでもでかけるか。

伝わりにくい個人的見どころ
  • Macに両手で指さす仕草
  • 後半職場の連中が放送中に盛り上がるとこ