A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

スター・トレック BEYOND

みた。

www.startrek-movie.jp

正直期待していなかったんだけれど、予想を裏切る面白さだった。
スター・トレックというSFアドベンチャーのブランドは流石である。
多少のダサさもこのブランドにより許せてしまうのだ。
この安心感はもはや時代劇。
劇中でも過去の遺物に触れる(未来の)時代劇要素もあり、旧作ファンへのサービスでもあるのだろうが良い方向に作用シていたと思う。
時代劇だからイマドキの人には向かないのかな。

クライマックスはもうウヒョーという感じで笑いながら観てた。マクロスマーズアタックという感じ。

www.youtube.com

クルーそれぞれにちゃんと見せ場があるのもよい。といっても名も無きクルーは相当死んでるけどな…。

テレビシリーズのようにSF的フシギ要素はあまりなく、Google Chromeみたいな石ころめぐってドッカンドッカンやるという感じなのだけれど、
映画だからそんなもんだろう。

伝わりにくい個人的みどころ
  • スコットによるドク・ブラウンばりのコード連結(Great Scott!)
  • 別れ際に女が『どちらも悪くないわ』というときは、だいたい男が悪い。
  • エンタープライズの廊下を斜めに走るカーク
  • 片眉上げ