読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

クリーピー 偽りの隣人

映画

みた。

creepy.asmik-ace.co.jp

 

あーやだやだ。

あの鉄の扉に人が向かっていくたびに、あーやだやだ。ってなる。

あと風の音も。ザワザワバサバサなるたびにあーやだやだ。

大学にて事件の話を聞き出そうとするシーン、いきなり部屋を歩き回りながら話すのが舞台演出っぽくてかなり不自然なんだけど、昼なのに真っ暗になる照明とかカメラワークが面白い。

 

香川照之演じる西野以外も全員どこかネジが外れてるというか、クリーピーである。これを劇場の高い座席から見下ろしてるわれわれもまた奇妙な隣人だ。

 

例の注射が現実離れしてるのが逆に救い。嘘っぽさがなければもっと怖くてもっとやだ。映画のモデルとなっと言われる一連の事件の経緯や手法を見るとほんといやな気分になる。

 

劇場出たところで、長身の彼女に話しかける彼氏によると「西島クンは西島クンという感じ。キムタクと同じカテゴリ」と言ってて、なるほどな、と思った。

 

伝わりにくい個人的みどころ
  • 引越し荷物が片付いて暗くなる部屋
  • 澪ちゃんの工事フェンスバシーン
  • 落花生をむく
  • ベテラン谷本の葉っぱちぎってポイ
  • まだまだ行くぞー・ザ・ライド
  • これがお前の落とし穴(穴に落ちた谷本さんの分!野上の分!あと誰か。)