読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

10クローバーフィールドレーン

みた。

10cloverfieldlane.jp

 

以下内容に触れる。

 

バイクにはヘルメット、車にはシートベルト

備えあれば憂いなし。いや、そう語ったそいつ、つまりハワードはどうなった。生き残るのは知恵を持つものだ。いや、ハワードにも知恵があったが、戦わなかった。シェルターに隠れてるだけだ。

 

奴らはあらゆるフォームでやってくる

これは映画自体のこと。前作関係ない。次作は学園ものか?ジョジョだと思えばよい。

トムクルーズ宇宙戦争やこの前見たルームみたいな感じもある。あと"奴ら"案外弱い。ミシェルが強いのか。

ドカーンドカーンでない攻撃にはわりと好感が持てる。異星に来る文明持った奴がいきなりビルや橋を壊したってしょうがない。

 

結局"奴ら"の目的やらハワードの虚言の意味はよくわからんし、なんでミシェルがベンと喧嘩したのか、作品に事前に備えたり解釈する暇があったら頭使って生き残る方法考えて戦うがよい。どうせ世の中理不尽。ピースのたりないジグソーパズルみたいなもんだ。

10クローバーフィールドからの道、岐路に立ったミシェルはバトンルージュでなくヒューストンを選ぶ。そこがめちゃめちゃかっこいい。

かわいそうな女の子を見過ごした罪の償いなのか。

色々解決しないので肩透かし感あるかもしれないが、あのエンディングはわりと好きだ。

 

音で煽りすぎなのは気になった。

わけはわからんが伏線回収はしっかりしてて最初のお酒はそこで使うのかとか、トイレどうすんだよとか。あれ、エメットのバスチケットは何だっけ。

 

伝わりにくい個人的みどころ
  • 目ヂカラ
  • 6:27→6:29
  • アイムハワードバイザウェイ(バタン)
  • ハワードだけにダックのシャワーカーテン
  • ダクトテープ