読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

マジカル・ガール

映画

みた
http://bitters.co.jp/magicalgirl/bitters.co.jp

とにかく先が読めないし、伏線がたくさん散りばめられている。
説明が少なく、とても間の多い作品で、その間も頭の中がフル回転するサスペンスだ。
それだけに、これはこういうことではないかと想像を巡らせる余地が非常に多く、そして至る結論はとてもおぞましいものになるだろう。
序盤は少し笑える雰囲気なんだけど、どんどんそのムードは失われて、「悪の法則」を見た時のようないやな感覚に陥る。
江戸川乱歩そして美輪明宏の黒蜥蜴、言わずもがなのまどマギ不思議の国のアリス、ダミアンつったらオーメンだし、大音量で流れるla niña de fuego(炎の少女)といえばチャーリーか。いやそれは関係ない。

ルイスが拾うパズルのピースが始まりなのか、バルバラがダミアンの授業中隠し持っていたメモなのか、それとも映画内では説明の付かないピースは世界の何処かに隠されているのか。
アリシアの最後のささやかな13歳になるという願いは叶ったのか、ルイスがラジオを聞いていればもしかして...

ダミアンがビシッとスーツを着こむシーンなんか、あれまさに魔法少女の変身と同じだよね。一方バルバラのクローゼットには一着も服がなくて鏡の国へ頭から入ろうとする。
服装は大事なんだ。だからアリシアがユキコの帽子をかぶっていればもしかして...いや、彼女は何にでも変身できると言っていた。ルイスがいなくなるのと同等な願いを叶えた上に、最後はバルバラとなって大好きな病室に戻ったのかもしれない。いや流石に深読みだろ。
何はともあれ女の子はみんな魔性ということだ。男の人生を狂わすのだ。

ところでMagical Boyというパロディがあるっぽい。男の娘www
www.youtube.com