A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
みた。
starwars.disney.co.jp

Episode I, II, III は惰性という感じで、自分も大人になったからこういうの面白いと思えなくなったのだなあという感覚であった。

Episode VI は、小学生の頃友達の家で一緒にビデオを見て衝撃を受けて、クラスのお楽しみ会みたいなイベントでスターウォーズの劇をやったくらいだ。
わたしはルーク・スカイウォーカーを演じていたのだけれど、先生に「長い」と途中で打ち切られたのを覚えている。
そんなことはどうでもいいや。

ドロイドやクリーチャーもたくさん出てきて、ああスターウォーズだなあと感慨は深い。CGも随分違和感なくなった。進歩しているな。
また恒例キャラや味方が登場したときの「ヤッター!」というカタルシスも実によい。
父と子、家族、光と闇みたいなテーマはさておき、いわばこれは痛快時代劇だ。
逆に言うと、歴史を繰り返すことによる安心感のある気持ちよさであって、新鮮味はあまりないのかもしれない。
焼き直し?リメイク?リブート?いろいろ言い方はあるけれど、だから今回がヒドイという感じはなし。サブタイトルどおり4thの覚醒でしょ。
本作品内でも神話化されてたあのIV,V,VIだって内容としては実は薄っぺらいっしょ。あっ往年のファンに怒られそう。

女性と黒人を持ってきたあたりは時代の反映か。これを機にギーク女子とか増えるかな。
サブタイトルどおりフォースは覚醒するんだけれど、なぜかR2も覚醒してたな。

劇場でるときにガイジンぽいお兄さんがスターウォーズのテーマをハミングしながら列を譲ってくれた。
フォースとともにアランポー。それくらいゴキゲンになる映画だったってことですね。

残り三部作の初回なのだけれどなかなか区切りよく終わったので、次どうするんだろうという感じ。
そこそこ謎は残っているものの、ここんとこのアメコミ映画みたく最後に思わせぶり映像見せることもなく幕を閉じたので、逆にそこは好感持てた。
いや待てよ、サスペンス劇場ばりの岬追い詰めと謎のカメラワークが、それなのか?なんだったんだあれはw

伝わりにくい個人的見どころ

  • ワイド画面いっぱいかつ史上最強に飛び出るスターデストロイヤー
  • 地獄の黙示録さながら夕日を背に飛ぶタイファイター
  • 髪型変えた?
  • (Thumbs up!) シュボ!
  • 進撃しないスノーク(でかい)
  • チューイ「オオオ...」ハン・ソロ「みんなさむい」
  • 「衛兵!」「...(察し)」(無言で引き返すトルーパー二人組)
  • 海の星に着いたときのチューイのドヤ顔