読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

2014年5月の夢

2014/05/05

教室、遅いランチ、自動販売機

2014/05/08

セミナーが終わったあと点群についてMiyagawaさんと立ち話。
「あー、ポイントクラウドね。」ただ英語に言い直して知ったかぶり。

2014/05/12

夜だけど友人に温泉に誘われる。自分とそいつだけだと思ったが、他の人も誘おうかという話に

2014/05/19

新学期。午後の授業はとっくに始まっている。しかし次の授業の場所がわからない。空を飛ぶように駆けている場合ではない。地理の先生が教える日本史の授業の後ろで鞄ひっくり返して時間割と新規オープンの家電量販店のチラシと格闘。途中参加できるリモコンつきの自習型授業を選択したのだった。
途中参加できるリモコンに単三二本と単三の半分の長さの電池二本をセット。適当なテレビに向けてボタン押すだけ。畳の上でダウンジャケット羽織ったまま熱めのシャワーを浴び、丸ペンで書き込まれた二間半という単位の箱のような物体に思いを寄せていたら、姉に銀行行けと命令されムカついた。
しかし四.二五間のアレと二間半のアレを銀行で引き換えれば万事何かの辻褄が合う。それに周りが授業中で焦っていたが、途中参加できるリモコンつき自習型授業だもの、まったく焦る必要などないのだ。でも濡れたダウンジャケットはこの石油ストーブの前で乾かしてから出かけたい。畳はどうしよ。

2014/05/21

深夜→雷鳴(夜→昼)→火事(校舎)→雨漏り(滝)→移動した方が良いかもしれない
しかしそれでは長い夜は越せなくなるぞ

2014/05/22

バスケ部の連中とスクラム

2014/05/23

とまったエスカレーターを歩く。加賀まりこを連れて水辺をデート。はしごのような階段。横に板が張り出してるだけで、ピッチも短く、しかも触ると錆が手につきそう。降りにくい。出口で高い入場料を払う。引き返したらタダだけど既に加賀まりこが払ってた。街まで歩いたらどれくらいかかるだろう

2014/05/27

海藻。大学事務。まずは一ヶ月