読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

ウルフ・オブ・ウォールストリート

観た。

セックス、ドラッグ、バイオレンス、それにストックブローカー。あまり綺麗な内容ではない。スコセッシ×ディカプリオのギャングオブニューヨークよりも長い3時間を飽きもせずに観れた。映画の日で1000円だったのでコストパフォーマンスはよかったんではないか。
与沢翼を映画化かするとこんな感じなのかしら(よく知らない)。
fワードの応酬に、裸の女、スポーツカーにクルーザー。グレートギャツビーやタイタニックを彷彿。コミカルな悪の法則といったところか。
黒髪ディカプリオの雄弁スピーチが見もの。FBI踏み込みのカタルシス。はじめは間抜け面だった立ち上げメンバーが、最後の意識高くセミナー参加する間抜け面のシーンとの対比で急に頼もしく感じられるのが悔しい。どうしようもない馬鹿連中なのにだ。

はー、お金、欲しいよね。