読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

2013/04/22の夢

夢日記

ラムのラブソングが聴こえる。

 

ドラクエのキメラの尾っぽの形をしたガラス細工。高価なものらしい。

オークション会場だろうか。

その会場に、ホワイトベースが火を吹いて落ちてくる。こぶりなホワイトベースで、大人三人分ぐらいの大きさ。観客席に突っ込むのだ。

 

黄緑色の池のほとり。入浴剤のような蛍光色。ダーツの矢のような草を池めがけて投げ込む。田植え感覚。大きな魚が集まって来る。

捕まえたい。

黄緑色をしたウネウネが私を池に引きずり込む。毒を持っているだろうか。ウネウネ気持ち悪い。

気づくと浅瀬に頭まで完全に浸かっている。苦しい!私は泳げない!

必死にもがくが、ウネウネが絡みついて動けない。

やっとの思いで寝返りをうち、浅瀬から抜け出した。

 

グラディウスの裏ワザ。コナミコマンドというやつ。上上下下…うまく入力できない。これはボイン対決というゲームだ。

あばら家にシールを貼っていき、最後にはぶち壊すというゲーム。ボインは関係あるのか。

昔は本物の家を使ったらしいが、今はすべて模型の家だ。

大正ロマンとでもいうのか、レトロでハイカラな感じ。

姉の成績表などが散乱しているのだ。