読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

2013/01/10の夢

夢日記

夢のメモにはこう書かれている

しにめがね
ばっどりひてる

なんだそれ。よくわからない。
覚えているところを書き出す。

とにかくメガネが鼻を締め付けて骨が飛び出してしまう。

雪の中、まだ見ぬフォロワーが佇んでいる。

ミニチュアの都市が、森が、燃え上がっている。

地図帳を開いて、昭和風の面白コラムを読みながらも炎上する街のことを思い、

そしてまた地図帳をめくる。