読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

読んだ。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet 」桜庭一樹

ラノベとかよく知らないんで、なんかイイのないかと同僚に尋ねたらコレを勧められた。
文庫化されて、ラノベっぽくなくなってるけど元は萌え絵のついたやつだったらしい。

冒頭に結末を置いてそこへ向かって物語りは進む。
砂糖菓子の後日談(ご実弾)ってやつか(いまのなし)。
とりあえずグロイのがイヤ。

藻屑が嵐を言い当てたのはちょっと不可解な感じがするけど、
やっぱりピンク色の霧だな。ここが一番ミステリーで神がかってる。こわい。

ところでこれを勧めてくれた人とも前に話したのだけれど、最近のラノベってやたら学園モノが多いのよね。
昔はもう少し純ファンタジーに近いものも多かった気がするのだけれどね。
実体験の延長線上にある方が世界を構築しやすいし、感情移入しやすい。ゆとりを取り込むにはうってつけな舞台設定なのだろうね。
ラノベにそういう設定が多いのではなくて、そういう設定なモノをラノベと言うような気もしてきた。主人公がティーンなのだからそうなっちゃう。
小説のジャンルの定義について触れると、まあ解決しないね。