A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

大森望編「不思議の扉」時をかける恋/時間がいっぱい

時間にまつわる不思議なお話を読んだよ。ティーン向けっぽいけどキニシナイ。ティーンのときあまり本読まなかったから。

■「不思議の扉」時をかける恋

美亜へ送る真珠 梶尾真治

美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇 (ハヤカワ文庫JA)
「航時機」てキテレツぅー!!
的な木でできたタイムマシンではなくて冷凍睡眠の代替として生まれた機械。時間の流れが八万五千分の一になる。
電車の乗り換えとか挟んでテキトーに読んでた。よい話だとは思ったんだけどいまひとつピンと来なくて、もう一回読み直してやっと
「ああ真珠ってそういうことね。」と。

Who Knows Where the Time Goes Sandy Denny


エアハート嬢の到着 恩田陸

ライオンハート (新潮文庫)

ライオンハート (新潮文庫)
からの抜粋なのだが、回収されない伏線が残っちゃって結局ライオンハート読まなきゃなんとも。


f:id:yocifico:20130106025207j:plain:w400
Miss Earhart's Arrival 1932, Walter Sickert

エアハート嬢のオフィシャルサイト

Calling You 乙一

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
私の頭の中のケータイ。が、ケータイ世代で「ラジカセ」はどうなのかと。
妄想したケータイで話せる相手とはなぜか時差があり、この時差をうまく使ったお話。


ちなみに映画化されてる。映画は見てない。
�f���w���݂ɂ����������Ȃ��x��T�C�g

眠り姫 貴子潤一郎

眠り姫 (富士見ファンタジア文庫)
眠ることで時間が過ぎ去ってしまっているという切なさ。
病気はもちろん当人が大変なのだが、その周りの人間も大変である。目覚めを実時間で待ち続けるこの物語の語り手のように。

浦島さん 太宰治

お伽草紙 (新潮文庫)
太宰らしい、皮肉の聞いた浦島太郎。

藤蔓にすがつて谷を渡つてゐる人は、ただ向う側の花を見たいだけなのです。自分がいま冒険をしてゐるなんて、そんな卑俗な見栄みたいなものは持つてやしないんです。なんの冒険が自慢になるものですか。ばかばかしい。信じてゐるのです。花のある事を信じ切つてゐるのです。そんな姿を、まあ、仮に冒険と呼んでゐるだけです。あなたに冒険心が無いといふのは、あなたには信じる能力が無いといふ事です。

図書カード:お伽草紙

机の中のラブレター ジャック・フィニイ

ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)
超時空文通の古典。
墓石に刻む言葉は生前に用意しておいたんだろうか・・・。


原文コチラ↓
The Love Letter

■「不思議の扉」時間がいっぱい

しゃっくり 筒井康隆

東海道戦争 (中公文庫)
時間ループもの。繰り返す10分間。なにかおかしな事件が起こると普段すれ違っている人間もコミュニケーションとるようになるのかもしれない。

戦国バレンタインデー 大槻ケンヂ

ゴシック&ロリータ幻想劇場 (角川文庫)
こういう軽いノリのお話キライじゃないよ。
とんでもない冒険をすると、ちょっと大人になるんだ。

おもひで女 牧野修

忌まわしい匣 (集英社文庫)
記憶が追いかけてくる・・・
こんな夢を見たことがある。過去の思い出に浸っている。幼稚園、小学校、中学校・・・走馬灯のようなゆるやかな時間がなぜか現在に近づくほどに思い出は加速して
鮮明にそして早送りのように頭の中を駆け巡る。これが死ぬ前に見るアレか!と気づいたが止めようとしても止まらない。これが今現在に追いついたとき俺の人生は終わってしまう!!
そして思い出が現在に交わる瞬間に目覚める、という。とても怖かったのでよく覚えている。

エンドレスエイト 谷川流

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
ハルヒである。時間ループもの。繰り返す8月。エンドレス=∞=8とでもいうべきか。
アニメの方見たことあるので話の内容は知っていたが、わりとよく再現されているんだなと感心した。
ああ、こんな高校生活を送りたかったよといまさら。

時の渦 星新一

白い服の男 (新潮文庫)
時間ループもの。記憶が残ってる点で1話目のしゃっくりと似てる。オチはさすがに星新一っぽい。

めもあある美術館 大井三重子

新版 水曜日のクルト (偕成社文庫)
なんだろうこの不安感。夕方。母に悪態をついたあとの出来事。


ところでタイムトラベルといえばコレよね。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 F・スコット・フィツジェラルド

ベンジャミン・バトン  数奇な人生 (角川文庫)
グレート・ギャツビー」が有名なフィ(ッ)ツジェラルドの作品。
設定は面白いんだけど、盛り上がりに欠けるかな。老人で産まれてだんだん若返るというベンジャミンの人生を淡々と描く。
昨年ブラッド・ピット、ケイトブランシェットという豪華キャストで映画化されてた。こっちは面白いのかしら。