A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

2009/02/03の夢

大学の研究所付近。前にも来たことがあるが、あまり道は覚えていない。
結局キャンパスを一周することになる。急な坂道。観客席のようになっている。
奥の部屋で中東系のカップルがギターを弾いている。

パラシュートで降りなければならない。皆先に下りてしまったが、僕の分がなんかおかしい。
適当なアメリカ人がすごく重いパラシュートを僕に渡す。
分厚い布団を掴んでいなければならない。僕の握力では掴めそうにない。これを掴んだまま紐を引くこともできない。おまけに降りる先は湿地帯。ただでさえ泳げないのに、こんなところに降りたら二度と出られないだろう。