A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

2008/11/09の夢

遠浅の海。古代ローマのものと思われる彫刻が海面から顔を出している。
沖に向かってまっすぐの道が伸びる。

向こうに岩のゲートが見える。ここはキーンエッジという遺跡。
ゲートを抜けるとすっかり観光地だった。
おしゃれなショップが並ぶ。バカ高いのに観光ついでに皆買ってしまうようだ。

海岸に人が集まっている。サメを見に来ているのだ。
ここにはサメがたくさんいる。海面すれすれをカモメが飛ぶ。次々にサメが飛び上がりカモメを捕らえようとする。
時々陸にサメが上がってきてしまう。サメは陸の上でも口をパクパクさせながら器用に進む。
非常に危険に思えるのだが、皆笑いながらその様子を見ている。
道化師がそのサメを誘導してくれるので安全なのだ。