A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

たったひとつの冴えたやりかた

たったひとつの冴えたやりかた 改訳版

たったひとつの冴えたやりかた 改訳版



キレイなブルーの表紙を見て迷わずジャケ買い。前から気になっていたタイトルだったし。

十六回目の誕生日。両親から宇宙船をプレゼントされた少女の大冒険。そしてファーストコンタクトのおとぎ話。ライトノベル系の内容でSF初心者にも気軽に読めると思う。「たったひとつの冴えたやりかた」が一体何なのか?気になるでしょ。

20年前の作品でもはや古典の域に入りそうだが、あまり古臭い感じはない。新訳ってこともあるけど、この少女の物語自体が遠い未来の昔話として語られているからでもあろう。