A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

自分が「たまらないほど好き」になる本

自分が「たまらないほど好き」になる本

自分が「たまらないほど好き」になる本


この前本棚を整理してたら出てきた。全然買った憶えねぇーー。
本にはほとんどカバーかけてもらってるので目に付いてなかったんだが、もともと自分大好きなのにこんな本買うワケねぇ。
多分相当参ってるときに買ったんだと思う。

せっかくなんで読んでみた。
アメリカ人の書いた本なので、日本人の特質とはちょっと違う気がする・・・。
ただでさえダメダメになってるのに無理強いして自分を変えようとするからうつを発症してしまう。元気のあるうちに予防として読まなきゃ意味ない。
というわけで、だいぶ治ってきた今読んだのは正解だった。参ってるときに読んでたらさらに泥沼にはまってたと思う。

カンタンにいうと、自分で勝手に悪いほうへ思い込んでいる悪いクセというのに気づけばよい。認知療法みたいなモンだな。
自責の念がヘンな方向に向かないように軌道修正するだけでよい。ってわかっちゃいるつもりなんだけどね。
必ずしも同意できない内容もあるけど、まあ参考にはなると思う。

で、自分がたまらないほど好きになったかって?うーん、ビミョウ。