A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

はろいとへほには

夕方街に出てみた。
いつもより混んでる気がする。早めの忘年会かな。
街を歩いてると聞きなれたあのメロディー

 ♪ ド↑〜シ〜ソ〜ファミ〜レ〜ド↓〜

も〜ろ〜びと〜こぞ〜り〜て〜
どこもかしこもクリスマス。
キリシタンではないんだが、このムードは嫌いじゃない。

しかしこのクリスマスソング、耳について離れなくなった。
もろびとこぞりてJoy to the World…そして時は動き出す。

 ♪ ド↑ド↑〜ラッファ
  ♪ ド↑ド↑〜ラッファ・・・

頭の中でリフレインが叫びはじめた。
おまけに歌詞を思い出せない。

仕方なく全部「もろびとこぞりて」で処理。
 「もッも〜ろびっとこぞり、もッも〜ろびっとこぞり」
あー!イライラするッ!

イカン。これではスクルージおじさんになってしまう。
何とか抜け出そうとしたが今度は、

 ♪ ド↓ド↑ファ
  ♪ ド↓ド↑ファ・・・

ニャーー!
畳み掛けるように音階が降り注ぐ!

このときの歌詞は全部「も」だ。

さらに高いキーに転調してドシラソファミレドクインテッド。ユーガッタ、クインテッド。


[関連]
もろびとこぞりて - Wikipedia