A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

ヒト皮膚から万能細胞

京都大の山中伸弥教授らおよび米ウィスコンシン大学マディソン校ジェームス・トムソン博士の研究グループがそれぞれ異なる方法でヒトの皮膚から人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell:iPS細胞)を作ることに成功した。
様々な細胞へ分化できる、いわゆる万能細胞だ。

コレすげぇことですよ。再生医療の大躍進。
本人の皮膚から作るから相性もよく拒絶反応が出にくいだろうし。
時間かければ、抜け落ちた歯や髪も再生できるかもしれない。
また新薬開発にも大きな革命をもたらすであろう。

一方で倫理的な問題を大きく孕んでいる。
生殖細胞への誘導、クローン人工生命の誕生など…
また初期化の過程でガン遺伝子を用いていることから、細胞のガン化も懸念されている。

「あなたの細胞培養します!」
「胃腸のバックアップは取得済みですか?」
「そろそろ脳の増設しませんか?」
素人の戯言?
いや、こんなビジネスが当たり前になる日も近いのではないか。

[関連記事]
[PDF]Induction of Pluripotent Stem Cells from Adult Human Fibroblasts by Defined FactorsCell Online)

[Abstract]Induced Pluripotent Stem Cell Lines Derived from Human Somatic Cells(Science/AAAS)