A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

Facebook,MySpace and Second Life

Facebook
もともとアメリカの学生向けのSNS(Social Netowork Service)だったのが、一般公開されているというので登録してみた。別に招待されなくてもいいっぽい。Webメールで簡単に登録できたし。
スッキリ、シャープなデザインがクール。まだ使い方はよくわかってない。

で、このFacebook、実際流行ってんの?周りでFacebookやってるって人聞いたことないが…日本ではmixiの独壇場な感じだし。
英語サービスだから日本人には敬遠されてるのかな。

FacebookWikipedia)によると
2007年9月現在73,521,000ユニークユーザーが利用、前年比420%成長。
だそうだ。急成長中。


MySpace
勢いでマイスペースにも登録してみた。こちらは日本語でもサービス開始している。

そういえば…
セカンドライフ
もちろん中高年世代じゃなくてネットのサービスの方ね。
今年の2月くらいに登録してみたけど、1度ログインしてそれっきり放置。
最初はまっすぐ歩くのが精一杯。すぐに迷子になってしまった。
何かやろうとすると「リンデンドル(L$)」という通貨単位の金がかかる。LindeXでリアルマネーとの換金レートが公表されており、最近は265L$付近で安定しているようだ。

結局自由度高すぎて何したらいいかわからない系。オンラインゲームの方がまだましだろう。この世界に没頭する暇があったら、リアルライフを楽しんだ方がいいと気づかせてくれるという意味では良サービスだ。

パッケージのダウンロードとインストールは手間かかる。
インストールなしにどこからでもアクセス出来る方がやはり便利だよな。



プロフィールをネット上にばら撒きすぎかな…。
こうして所属するSNSが増えると、SNSを統合するサービスが欲しくなるね。

ネットワークの普及により世界は狭くなり、一手で次の世界に進める選択肢が爆発的に増えた。ネット次元の増殖による自由度の獲得。ネット上のアイデンティティは粒子性に加え波動性も示し始めたのではないか?これらが干渉して新たなパターンを生みつつある。
で、Yocifico本体はネットにエネルギー持って行かれて「うつ」だ。ネットのポテンシャルに閉じ込められる前に、なんとか自分を取り戻さないと…。