A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

人工自然

昨日、産業医との面談の後、清澄庭園に行ってみた。
f:id:yocifico:20090109165817j:image
昔一緒に仕事した先輩が、窓もない牢獄のような仕事場で
「あー、こんな天気のいい日は、庭でも見てボケーっとしていたいよ・・・」
とぼやいていた。この”庭”っていうのが清澄庭園だ。

庭園は有料で150円。
有料なわりと結構人がいた。ほとんどお年寄りだけど・・・。65歳以上は70円で入れる。


ところどころに配置された大きな石の前には番号つき立て札が立っていて、石の種類が記されている。
全国各地から集めた名石らしい。

庭の真ん中には大きな池があって、
カルガモやでかい鯉が泳いでいる。カメが甲羅干ししてたり、スズメが砂浴びなんかしてた。
f:id:yocifico:20090108203454j:image
見事に手入れの行き届いた、この人工的自然の箱庭をぶらぶら歩いていると、たくさんの音が耳に入ってくる。

鳥たちのさえずり、
木々のざわめき、
水のゆらめき、
子供たちの声、
車のエンジン音、
焼きいも屋の音、
ヘリコプターの音、

うるせえぇぇぇ。
都会のど真ん中では、さすがに都会の喧騒からは逃れられない。さっさと一周して出てきてしまった。

隣の清澄公園(無料)に立ち寄ってみると、
スーツ族が携帯電話片手に仕事(あるいはサボリ)してたよ。