A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

最近読んだ本

今日の一善。
エスカレータで前に乗っていたお姉さんの背中に「半額¥1,500-」のシールがくっついてたので、取ってあげた(笑)
ここんとこ読んだ本を記しとく。


童話系

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

  • 作者: パウロコエーリョ,Paulo Coelho,山川紘矢,山川亜希子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 45人 クリック: 465回
  • この商品を含むブログ (218件) を見る

少年が夢に向かって旅をするおとぎ話ですが、たくさんの教訓があり、心にズシンと響く。夢を実現するための手段が目的になってしまった大人たちは、これを読んで人生の旅を見直してみよう。
以下お気に入りの言葉

「決心するということは、単に始まりにすぎない」
「人は地平線にやしの木が見えた時、渇して死ぬ」
「私たちの住む世界は良くも悪くもなります。そして、そこで愛の力が役に立つのです。なぜなら私たちは愛する時、もっと良くなろうと必ず努力するからです。」

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)


いわずと知れた名作だが、今までちゃんと読んだことがなかった。昔テレビでアニメとかやってた記憶があるな。オープニングの曲の出だしだけ強烈に覚えてる。「♪あたまーのーまーうーえーにー ほしがーあるー あれがー、あれがぼーくのー ほーしーだーよー☆」あとはシラン。

ところで名言「いちばんたいせつなことは、目に見えない」は、ずっと王子さまの言葉だと思ってたが、これはキツネのセリフだったのが衝撃。


うつ関連

職場はなぜ壊れるのか―産業医が見た人間関係の病理 (ちくま新書)

職場はなぜ壊れるのか―産業医が見た人間関係の病理 (ちくま新書)


成果主義システムの実態を検証し、職場の心の病や人間関係の崩壊を探る。
事例やパターンの紹介が多く、「あ?、あるある。」といった感じ。ただ鯨のお話だけ浮いてる気がした。「仕事はアート」という視点はなかなか面白い。

「うつ」からの社会復帰ガイド (岩波アクティブ新書)

「うつ」からの社会復帰ガイド (岩波アクティブ新書)


うつ本関連では、基礎知識から対策まで実践的でいちばんよくまとまってると思う。付録の「症状自己管理カレンダー」や「活動と休養の家計簿」が実用的。働くうつ病患者必携の本。

メンタルヘルス入門 (日経文庫)

メンタルヘルス入門 (日経文庫)


とくにマネジメントや人事労務の担当者向けに書かれたもの。だからうつ当事者の自分が読んだところで意味あるのか…というのはさておき、うつの予兆の察知など、これを読んでいれば自分でももっと早く気づいていただろうというパターンが見えてくる。

ストレスマネジメント入門 (日経文庫)

ストレスマネジメント入門 (日経文庫)


わかっちゃいるけどなかなかできないことを復習し、実践するための本。今は休養中なので、復帰したときに威力を発揮するだろう。リラクセーション法も知っているものばかりだったが、あえてきちんとやってみることにする。

ハック関連

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 原尻淳一・小山龍介
TIME HACKS! 小山龍介
PLANNING HACKS! 原尻淳一
ライフハックのつくりかた 小山龍介
IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣TIME HACKS!PLANNING HACKS!ライフハックのつくりかた

実践的で知的刺激を受けるシリーズ。注釈のひとことの方が面白かったりする。
「言われなくても既にやっとるわ」というものから「その発想はなかった」というものまで。そして「俺ならこうする」という新たな発想を生み出す種となる。

エンジニアのための時間管理術(Thomas A. Limoncelli)
エンジニアのための時間管理術
上記「TIME HACKS!」とかぶる部分も多いが、システム管理者にターゲットを絞って書かれたもの。俺はシステム管理が本職ではないので、しっくり来ないトコもある。だがツールの駆使の仕方は知っておいて損はないだろう。



他にも読んだ本あるけど、今日は疲れたのでまた別途。