A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

FUJI ROCK FESTIVAL '06 REPORT

歯痛で「もこん」と腫れていた左頬も落ち着き、なんとか今年は体調万全でフジロック行けたよ。

出発当日にバタバタと準備。
今年初参加の同僚にあれだけ
「雨と寒さ対策だけは手を抜くな」
と先輩風を吹かしておいたくせに、出しておいたフリースをかばんに詰め忘れたよ・・・。

しかし好天に恵まれ、フリースなしでも耐え切れた。ありがとうロックの神様。二日目土砂降りだったじゃないかって?屋根付きのRED MARQUEEにこもってたから大丈夫。

オープニングでなぜかオーランド・ブルームケイト・ボスワースがサプライズ登場してたが、唐突すぎて、「どこのそっくりさんだよ」とか思ってしまった。
期待してたKULA SHAKERとTHE RCONTEURSはいまいちノリ切れず。期待が大きすぎたな。
JUNIOR SENIOR上々颱風は楽しーかった。
甲本ヒロトはどんなに遠くから見ても動きだけでわかるねぇ。
あとビキニのポカリスエッコね。あの小娘に騙されてポカリ買った男どもは多いハズ。オイラ現地では素通りしてたが、帰ってきてから「一緒に写真撮ったりすればよかったよ・・・」と未練指数上昇。胸にQRコードをプリントしてたりしてたそうな。7/2の記事で書いた【ロイター】以上に寄った写真を撮らせてくれるわけだ。イヤーんw

縦ノリで普段使わない首の筋肉使うので1日目はちょと首痛くなったけど、おかげで肩こりが解消された気がする。
三日間歩き回って鍛えられたせいか、今朝仕事に向かうときは、いつもより足が軽く思えたし。
明らかに運動不足だな・・・。

今回はメンバーでTシャツ作って行ったんだが、衣装揃えてると仲間がすぐわかっていいね。 WOODSTOCKのポスターを模したデザインで、ギターでなくリコーダーの上にWhite Doveが止まってるの。そしてロゴはもちろんフエロックフェスティバルな。会場でリコーダー吹いてる怪しい集団は俺タチだ。
帰りの混雑時もリーダーが笛を吹き続けてくれたおかげではぐれずに済んだよ。

巷はようやく梅雨が明けたらしいが、既に夏オワッタ感じ。