A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

経済ってそういうことだったのか会議

経済ってこんなに身近に溢れているのに、経済学っていうと敷居が高い
そこらへんを対談形式ですっきりまとめてあるのがこの本。

竹中氏の簡潔な説明、佐藤氏の愉快な挿絵。語録や親切な注もついていて、下手な経済入門書よりずっとわかりやすい。用語から入らずに現象から説明が進むので、タイトルどおり「そういうことだったのか」となる。

ただ竹中氏の人頭税の話題はすんなり受け入れられない感じがした。反対というわけでもないんだが。憲法によるところの国民の三大義務「納税・教育・労働」ってとこにもつながっていくようだが…。シロウトなので直感というか感情的にまだ受け入れられないだけだな。

関係ないが出版元の「日経ビジネス人文庫」って名前が気に止まった。

耳ではビジネスマンで聴き慣れているのでビジネスジンと言われると、ちょっと違和感。

ビジネスは男だけのものじゃないので、ビジネスパーソンってことでビジネス人にしたんだろうなぁ。
それとも人文系ということなのかしら会議

【関連】
MASAHIKO SATO | TOPICS
平蔵がうごく!