A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

敬称をどうつけるのか

ネットのニュース見てて思うんだが、敬称付けの基準がよくわからない。
記事書く人にもよるところが多そう・・・と思い調べてみた。

【社会、政治、経済、国際】

肩書き系。
○○大統領、○○議員、○○容疑者、○○被告、○○社長で、事件の被害者は○○さん。
あと○○氏も多い。児童は○○君とか○○ちゃんだな。
子供の頃よくニュースで耳にしたイランの指導者は、ホメイニシさんかホメイニ氏さんか迷っていたが、今になって「ホメイニ師」であることがわかった。
当時は新聞を読まずテレビのニュースで聞いていたので字がわかってなかったのよね。

【スポーツ】

ポジション系が多い。
○○投手、MF○○
でも大概呼び捨てとか苗字のみだったりする。ゴルフなんかはポジションないのでほぼ呼び捨て。ウッズとか丸山とかは苗字のくせに、女子ゴルフはさくらとか藍とか名前で呼び捨てが多いんだよな。

【芸能】

ここらへんからよくわからん。
呼び捨てあるいは○○さんいろいろ傾向を見てきたが、ウィキニュースに敬称のつけ方ガイドがあった。

ウィキニュース:スタイルマニュアル - ウィキニュース

芸能・スポーツ以外はほぼこのスタイルと同じだな。
あと作者や歴史上の人物にはつけないのだね。
確かに卑弥呼さんとか織田信長氏とは言わないなぁ。プロの文章書きは、「記者ハンドブック」を愛用してる方が多い模様。



ここは独り言なので、テキトーでいいや。仕事では、内輪の場合上司だろうがなんだろうが基本的に「さん」付けなので楽。
ただし海外の人の呼び方がわからなくて困ったことがある。
入社したての頃に「Mr. ○○」ってメール書こうとしたら、先輩に
「その人Dr.だからねぇ。同じ会社なんだし最初からつけなくていいんじゃないの」といわれた。
うーむ。まあそうだよな。呼び捨てって感覚もないんだろうし。
名前からは性別がわからないこともあって、Mr.なのかMs.(Mrs. Miss)なのか迷うことがある。そういうときはMr./Ms.とかにしておくとよいらしい。結局は「○○-san」で落ち着いた。実際これで全然問題ない。超便利。海外から来るメールも苗字+sanで来る。
「さん」ってインターナショナル(ALC Blog)
海外から見たら日本語の名前もワカランだろうね。かつてオーストラリア人にアカウント作ってもらったら、YOSHIKOにされたしな。ネットゲームでは、日本人動詞の場合「さん」付けで呼ぶな。Yocificoの場合、ヨシさんかフィコさん。海外の人は頭3文字取って呼ばれることが多い。Yocって。

あと気になってるのは、お疲れ様、ご苦労様、午前様の敬称。オツカレチャーン。