A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

渡る世間は板ばかり

ITA=IT Architect。板さんではない。

最近はネットで欲しい情報の大概は手に入るので、技術情報誌なんかほとんど手をつけてなかったんだが、最近読んで面白かったのが、「ITアーキテクト」(IDG Japan)

SOAとかMDAとかの話題が多いな。実際流行ってるかどうかはビミョーだけど・・・。
そんな話題より「勝手にアーキテクチャ分析」(笠原規男氏)のコーナーが面白い。
第〇回(Vol.1)「映画マトリックスのアーキテクチャを読み解く」
第一回(Vol.2)「ガンダムはどうやって動く?」
第二回(Vol.3)「プログラマーはなぜウソをつく?」例えばリバース・エンジニアリングによる、プログラマーの進捗報告アルゴリズムの分析
実際の進捗(x)と報告上の進捗(y)の関係は以下のようになる。

y=21.7loge x

f:id:yocifico:20090109212544g:image

プログラマーが進捗を70%と報告したら、実際には25%しか進んでない。
俺はプログラマーではないが、どのプロジェクト要員にもあてはまるだろ。
他にもユースケース図とか状態遷移図を用いてマジメに語ってる辺りがイイ。
身の回りのことをシステムとして分析するのはいい訓練になりそうだな。

アーキテクトで思い出したが、1年ほど前、俺に来たダイレクトメール

日経アーキテクチュア」年間定期購読のススメ

フム。最近の内容は…
構造計算書偽造にアスベスト…これマジ建築の方じゃねーか。世間的にはこっちの方が流行ってるみたいだが、俺、業種チガウよ。