読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

この世はヒト知れぬ生命体に溢れている。

この世はヒト知れぬ生命体に溢れている。
夕飯を買いに駅前のスーパーに行った。
惣菜コーナーを通りかかったところ・・・
ん?
なんか今・・・唐揚が動いた気がしたが・・・。疲れてるかな・・・。

ひとまわりして、もう一度惣菜コーナーへ。
さっき動いたあたりをもう一度見てみると・・・
体長は1.5cmくらい。羽根がまだ短く褐色の・・・
ゴキブリぃーーー!
唐揚と色が同化していてさっきは見落としていたが・・・。
そうこうしているあいだにもその惣菜コーナーへはどんどん人がやってくる・・・。
すてきな奥さんがこれを知らずに買って、食卓で広げてキャーーー!となるのを想像したら、いてもたってもいられなくなった。
お店の名誉もあるだろうから、近くにいた店員をこっそり呼び、回収してもらった。
でも「1匹みたらn匹いると思え」っていうヤツラのことだからなぁ・・・。
完全にパックの中入ってたし・・・。ゴキブリ自体に罪はないだろうが、細菌を媒介するから厄介。当分あの惣菜コーナーへ近づくのはイヤだ。
帰りにふと思いついて、蟲師の単行本を買ってみた。漫画買うのってヒサビサ。