A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

夢日記

2012/11の夢

2012/11/29 実家から出勤するところ。ミーティングに遅れる電話を入れる。 周りがなんだか騒がしい。人が電話しているというのに。自殺願望の外人。とにかく脱出するのだ。海底に通じている抜け道を泳いでいく。上下に開閉する扉に挟まれたが、ゴムのような…

2012/10の夢

2012/10/18 地獄の門からの門出。666 男親四人が揃う。蝋燭、電飾、ガラス。駅前ショッピング、棒につかまって移動する。 エンターテイメント要素があり、途中無駄にループしたりする。タオルを。 災害が近づいている。祭りについて通りすがりの人に聞く。 2…

2012/09の夢

見た夢で印象に残ったキーワードをメモったりするのだが やはりすぐにきちんと文書化しないとまったく筋を思い出せない。 それどころかそのキーワードが何かすら思い出せないものだ。 2012/09/04 物を粗末にする人がエレベーターの隙間へ携帯電話を落とす 20…

2012/08/28の夢

朝。小高い丘の上の家。出勤のため家を出る。 中学生の娘2人も一緒に出る(娘いたのか俺)。 段差のある道。高いほうを姉。低いほうを妹が行く。僕は低いほうを。段差は合流したり離れたりを繰り返す。 丘をどんどん降りていくにつれ、朝の靄が晴れていく。…

2012/08/24の夢

体育館でバスケットボール。ゴールがやたらと高くて、力いっぱいシュートしても全然届かない。 更衣室の人がひとりやっと入れる隙間はどこかへつながっている。さらに辿っていくと最後は更衣室にまた戻ってくるという七不思議のひとつでもある。 僕の書いた…

2012/08/21の夢

なだらかな斜面を降りてくると、ギターケースを肩にかけた後輩たち。 今から上の方のプレハブで定期演奏会の練習をするんだそうだ。 部室でも練習しているようだな。久々にギターを弾きたくなった。 土曜日っぽい感じがする。 僕はさらに中庭を抜けて、山の…

2012/07/26の夢

夕方。もうそろそろ出発の時間だっけか?冷蔵庫に入っていた蕎麦を食べる。 車庫を覗くと車体に雪がついた車が停まってた。母さん帰ってきてるな。いつの間に。荷造りしなくては。 これから九州へ旅行へ出かけるのだ。 旅慣れていない母のために旅程を作って…

2012/07/15の夢

車から降りると、そこは焼きそば店だった。お座敷に上がって食べる由緒正しい感じの店だ。今日からここで合宿。わりとうちの近所。海が近い。 店に入って、早速寝る場所を決める。僕は入り口側の端っこということになった。なんか狭い。 と、地震。結構揺れ…

2012/06/17の夢

船を漕いでいる。どこかの遺跡を観光しているようだ。一面が緻密な彫刻のような岩場の間を進む。いや、もっとゆっくりみたいのにわりと速く進むのだなこの船は。 そして、リトアニア、シャウレイの十字架の丘のようなところにたどり着いた。船頭によると、こ…

2012/05/31の夢2

(※高熱出して寝込んでたので同日2回目の夢) 屋上へ通じる扉を開ける。掃除のおばさんがいたがまあ気にしない。チルトシフトの写真を撮ろうと構える。大きな船が見える。非常に船体が高いのだが一瞬にしてぺったんこになった。沈んだのか?変形か?よくわ…

2012/05/31の夢

新しく出来た信号機が青に変わるのを待つ。一旦研究室に戻って風呂に入ろう。大浴場だ。 しかしこの春休み直前の休日に研究室で過ごすのも勿体無いな。そう思い、入り口の扉を開けて中に入る代わりに、鍵を掛けて戸締まり確認した。 僕は原付バイクでラボを…

2012/05/27の夢

夜。ゴミの詰まった袋を持って歩いている。 隣の区が燃えるゴミを回収してくれるので、捨てに行くところだ。 区の境にあるショッピングモールまでたどりついた。 いっせいにシャッターが下り始める。 (閉店時間!?ばかな...早すぎる!) こうなるともう万…

2012/05/18の夢

次は僕の番だ。怖い。腹を切るのだよ。日本刀で。切腹ですよ。しかも自分で切るのではなくだれかにズバっと斬られる。 手元にあった風呂敷を2枚ほどひっつかんで腹にぐるぐると巻きつけた。これで少しは軽減されるだろう。もしかしたら風呂敷で刃が止まって…

2012/03/05の夢

朝。テレビをつけ、ニュースを見る。地上波デジタルの不具合が直って復帰後の初のニュース。 ヘリコプターの映像。赤い星のついたロシアのヘリだ。画面左下から黄色い重機が攻撃をしかけた。ショベルカーだ。空中戦。 ヘリと空中でもつれあったが 、やはりシ…

2012/03/01の夢

何か災害が発生したらしいのだ。はやくこの場を去らなければならない。 裸足は危ない。いろんな破片があちこちに散乱してるから。 しかし靴を履いている時間がない。かかとのとこをつぶし履きしてたら注意された。 仕方ないので脱げないようにスリッパをきち…

2012/02/29の夢

平和公園を通って向かっていたのは、独房のようなコンクリートで囲まれた部屋。 3人ほどのアメリカンguysが部屋から一仕事終えた感じで出てきた。 部屋奥の窓から射し込む光で彼らの顔が影になりよく見えない。 「よう、遅かったじゃないか。今頃来たのかい…

2012/02/20の夢

夕方。市場で買い物。真ん中のスペースでは、七夕グッズ売り出し中。和風の小物とか売ってる。短冊が色鮮やか。もうすぐ夏か。 新しい種類のピノ。 の形をしたパイナップルを見つけた。透明なパックにピノ型のパイナップルが入っていて、緑の安っぽいロゴが…

2012/02/21の夢

道路。街路樹。映画のシーンの続きらしい。(ここまでの夢がなんだかすごいエキサイティングだったはずだが忘れた) 休日の大学。サークル活動の人たちがたむろしてる。暗い廊下を行く。 よおM。久しぶり。久々にギター部へ来た。たまには弾きたいものだ。こ…

2012/02/18の夢

ふざけて走り回っているアメリカ人。 あっ。 彼は手すりを越えて消えた。 手すりに駆け寄り下を覗くと、灰色の脳味噌がむき出しになり、周囲に脳漿が飛び散っていた。 下を覗いた事を後悔。いったい誰が片付けるんだよ...

2012/02/17の夢

駅のホームに停車中の電車。 ようやく席が空いたので、座って本を開く。ふと外をみやると、屋根の上で子供が遊んでる。 車内の女性が子供の名前を叫ぶ。 電車は動き出す。屋根の上を走り回る子供は遠く小さくなる。叫び声はうるさい。 お笑いの人が捨てたゴ…

2012/02/14の夢

チャットモンチーのライブ。 なぜこんなド田舎の地元くんだりでライブを? 何かのデバイスから警告音がけたたましく鳴り響いている。 とりあえず指紋を拭って止める。 「今できることをやりたいから。」 そうですか、今できることがこのド田舎でのライブか。…

2012/02/15の夢

本屋に飛び乗る。 二筋のエスカレーター。ショッピングモール? 同期の連中と待ち合わせ。みんな揃ったから出かける。 もう出かけてきたのでなんとなく帰りたい。

2012/02/09の夢

ドクター・エメット・ブラウンが公園で何かを燃やしたりしてる。 M先輩がはにかみながら崖の上に現れた。 「これで勝つる!」 全員の士気があがった。これは、ビグザムが現れたとき以来の高揚感だ。 あの宇宙戦争を制したというビグザムだ。M先輩すごい。 M…

2012/02/06の夢

映画はもうラスト目前だというのに、スクリーンを観ずに後ろの観客に大声で話しかけてくる人。 その人の研究の手伝いをしているわけなのだが、結局、四次方程式だか五次方程式の解が不定になるのを避けられないため先へ進めないそうだ。 しょうがないからそ…

2012/02/02の夢

小学校の同級生のK君 ◆ 新しいフデバコ。当時の子供には到底理解できなかったであろう画期的なゲームがついている。虫かごのようにも見える。ブロック崩しなのだけれど、一個一個のブロックが壊れるのではなく、全体が壊れていく。レゴブロックで積み重ねた…

2012/01/26の夢

目を覚ますと薄暗い純白の世界。 急な斜面。頂上付近。 霊峰か。 元同僚夫妻がいる。やあ久しぶりだな。 その辺を少し歩く。ギュムギュムと雪の鳴る音。 両手で雪をすくい、雪玉を作る。 脳科学者が現れて何か薀蓄をたれている。 この神聖な峰ではその言葉は…

2012/01/23の夢

久々に書道教室へ行く。いつもは土曜の午後になんとなく行ってたけど、お昼のうちに行くのははじめてだ。 ◆ 今日は大学入試センター試験。午後2時からなのに、もう1時半。 でも自転車で飛ばせば大丈夫なのさ。 というわけで、通い慣れた高校に向かって自転車…

2012/01/17の夢

孤児院。パーティーの準備をしている。主役の女の子には内緒。今日は出かけてもらって帰ってきたところをサプライズというわけだ。 そして僕は今からその女の子を迎えに行く。僕は知っているんだ。これから迎えるのは女の子ではなく悲しい結末であることを。…

2010/01/16の夢

時満ちて、水溢れて島になる。 あの地下の喫茶店は大丈夫だろうか。クラス会か何かやっていたと思うが。しかしもう戻ることもあるまい。空港に着く。札幌行きがつい今しがた出発したので22時の最終便まで時間ができた。ご飯でも食べよう。 久々に訪れた街だ…

2009/04/04の夢

北朝鮮の長距離弾道ミサイルとみられる人工衛星テポドン2号が北海道東海上沖で漁業船により発見された。 漁業を営む発見者(58)によると「面白い速度で飛んでくるものがあり、船の近くに吸い込まれるようにして落ちた。探知機でミサイル状のものであることを…

2009/04/01の夢

箱を集めて荷造り。 透明な容器に木の蓋。アヒルのような形をしている。ネジをはずしてこじあける。 裸のデブにガムテープを貼って箱を作る。ガムテープが撚れてうまくいかない。 箱の中身の種類をそろえて入れ替える。折り紙があまったので皆に配る。 下船…

2009/03/27の夢

寝苦しくて目を覚ますと、大きなシェパードが自分の布団に入ってきて勝手に寝ている。 驚いて飛び起きるとシェパードは布団から出て行ったが、それに続いて子犬たちがわらわらと出てきた。石をひっくりかえしたときの小虫のようだ。未熟児のような小さなもの…

2009/03/26の夢

ホテルのロビー。チェックアウトして外に出ようとするが入り口の階段の段差が高い。重い荷物抱えたまま飛び降りる。 懐かしい昭和中期の建物たち。ここを歩くだけで涙が出そうになる。奥はもっとすごいらしい。三脚立てて撮影してる人がたくさんいる。外国人…

2009/03/24の夢2

ツリー型マイクロブログにうまく投稿できない。

2009/03/22の夢

小路へ迷い込む。肉の町へ出た。どこの建物にも白地に血のような赤で書かれた看板が立っている。こんなところをウロウロしているとさばかれてしまうに違いない。町の入り口へ戻ると赤いザクに助けられ、あけてもらった建物の横穴へと進入。 カエルのような生…

2009/03/23の夢

夜のドトールへ。両脇に抱えた荷物を預け二階席へ行く。店員のおばちゃんが収穫した野菜を持って行けという。すでに荷物いっぱいなのだが、せっかくなのでいただいた。名簿順に呼ばれる。何か試験でもやるのだろうか。 難しい確率の試験か何か。文章の前後関…

2009/03/24の夢

ネットでローカルのニュースを見る。ときどき小さなちくわが画面に現れるが、誰も気にしていないようだ。ニュースキャスターは原稿をもたないという。あらかじめ頭に入れておくのが普通らしい。姉は生物ニュースのキャスターだが、ほとんど原稿を読んでるよ…

2009/03/20の夢

昼休み。大学のキャンパスを出て少し山の方にある敷地。勝手に入っていいものかわからない。 うろうろしていると先輩が通りかかり「一緒に昼飯を食べようよ。」お弁当を持ってきているので断ろうとしたが、先輩もお弁当を持ってすぐにこちらへ来るらしい。 …

2009/01/28の夢

窓の外、すぐそこが線路。積んであるタイヤが燃えている。いたずらだろうか?近所に停めてある車にはすべてタイヤがついている。いや、隣のキャンピングカーの後輪は外されているぞ。よく見ると花が添えられ、拝んでいる人がいる。 祭りの最中に事故死したら…

2009/02/03の夢

大学の研究所付近。前にも来たことがあるが、あまり道は覚えていない。 結局キャンパスを一周することになる。急な坂道。観客席のようになっている。 奥の部屋で中東系のカップルがギターを弾いている。パラシュートで降りなければならない。皆先に下りてし…

2009/02/02の夢

世界が終わる日。砕け散るガラスはコメ。バスケの合宿。親も一緒に来た。スピーチしなければならないが準備していない。とりあえず食事を取る。練習試合の相手がネオンライトを使った派手な演出でシュートを決めている。 電子レンジのようなコインロッカー。…

2008/12/13の夢

裏の家がなくなって、空が広くなった。 家を改築したら玄関はどこにしようか。裏にあっても便利かな?思い切って横につけてみるのはどうだろう? その家の横に出てみると、車の轍のような溝がある。そこは潮溜まりのようになっていて、謎の生態系ができてい…

2008/12/08の夢

英語の試験。Effect Effectsがどうのこうの。最後から二番目の問題を当てられ、「Rule and tails」と答える。 放課後ゴリと握手。あまり仲良くなかったが、とりあえず挨拶くらいは。 いつものように飛んで下校。集団下校する2組のシスターたちの上を追い越す…

2008/12/07の夢

舞台。FinalFantasyっぽい。いろいろなキャラクターで視点に変えられるし、着せ替えることもできる。 もうすぐエベレストの頂上というシーンだ。場面は変わる。待ち伏せしていたスパイの女性をやり過ごし、友人を待って車に乗り込む。ピンクの矢印に従って進…

2008/12/06の夢

「お化け屋敷」というタイトルのペーパークラフトを探しているのだが見つからない。すこし青味がかった紙で作ったので他の作品とは区別がつくはずなのだが。部屋を掃除しながら探しているが逆に散らかっていく。 父親の座っているマッサージ椅子が動かない。…

2008/12/05の夢

ゲームの中らしい。飛んでくる岩石を避ける。画面右端に行くと、左端から戻ってくる。この辺りは無敵地帯だ。光り輝く妖精を操作して、画面上の方にある隠しアイテムを集める。ふわふわした操作感がなかなか面白い。 アイテムも集まったので列車に乗り込む。…

2008/12/04の夢

体育が終わって教室に戻る途中か。廊下にお金が落ちている。しかも数メートルおきに。 拾い集めると数百円になった。「募金にでも使う」といったものの、おそらくランチ代に消えるだろう。 カフェテリア。カレーのようなものを頼む。たまねぎが1個丸ごと入…

2008/11/29の夢

忌野清志郎と歌いながら書店へ。本が大好きだという女優が書店を訪れていたが欲しい作品を見つけられないらしい。 作家別の棚に行って作者の名前のインデックスを見ればいいと教えてあげた。本が大好きならそれくらいわかれよって思った。ついでに書店におい…

2008/11/26の夢

飛行機から降り、訓練が始まる。大きな数字の看板をある法則にしたがって並べるのだ。 この訓練には覚えがある。以前は時間がかかりすぎて教官が死んでしまったんだ。 今回はそんなヘマはしない。解法はばっちり覚えている。てきぱきとこなして教官に報告。 …

2008/11/23の夢

なんだか騒々しい。窓を開けたまま寝てしまったようだ。電気をつけてみる。テーブルの上に置いてあった「コバエがホイホイ」が真っ黒になってる。ハエや蚊、クモやゴキブリ・・・虫たちが群がっているのだ。エビやカニまで集まってる。 あわてて窓を閉める。黒…