A Perfect Night For Bananafish

だがそれを語るには人生は短すぎる

T2 トレインスポッティング

みた。

www.t2trainspotting.jp

I'll be back.のT2はあれから10年後の話だったけれど、このT2はあれから20年後。
始終不穏な空気。ドラッグが絡む映画はだいたいこの感じ。狂気が爆発しそうなドキドキ感。
エジンバラ。日本でやると木更津キャッツアイみたいな感じになっちゃうのかしら。

オッサンになった4人の哀愁と郷愁がひとごとではない。
年をとってくると、つい過去に浸ることで人生の時間無駄遣いしたりしている。
とっくに人生を折り返して後ろ側の時間の方が増え、すべての思い出を見終わる時間すら残されてないのに、だ。
ExitをChooseすることもなく惰性で過去にすがる。

シック・ボーイのような腐れ縁でも親友と呼べる友達がいたら、
ベロニカのようなセレンディピティーが現れて夢中になれるものが見つかれば、
この暗い操車場から抜け出して、それがたとえレールの上であってもまともに駆け抜けることができるんだろうと思いつつも、こうしてグダグダゴロゴロして新しいビジネスすら始めもせずに他人の人生を眺めている。またタラレバか。

伝わりにくい個人的みどころ

Calton Road Pivo Edimburgh 2005 1811.JPG
By Hynek - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

みた。
wwws.warnerbros.co.jp

東京に多少あこがれてる女子高生、
ひょっとして(現実と)入れ替わってルー!?
信じる心があなたの魔法、じゃないや、心根ひとつで 人は空も飛べるはず

あまり評判聞かない。夢のアニメといえば「パプリカ」だけれど、それほどぶっとんでない。
君の名は。」より感動したんだけどな...。
瀬戸大橋、戎橋、レインボーブリッジ、夢と橋が好きなのでモチーフ的には最高なんだけど、たしかに地味である。
とんでもないことが起きているのに、すんなり受け入れられてしまうこの夢の感じ。話の筋もあるようでないような。
盛り上がるようで盛り上がらない。恋愛要素がほとんどないからなのか。
父娘愛?インターステラーか。
こころねひとつでラ・ラ・ランドムーラン・ルージュばりに雲の上に抜けて大きな月をバックに空を飛ぶ。
冒頭の渋滞も歌いだしたらラ・ラ・ランドじゃないか。
パシフィック・リム風のロボットアクションに、ベイマックス風の変形バイク。
魔法がいまいちワクワクしないのがだめなのかなあ。
モリオともっとドキドキするシーンがあったら?相棒のいぬみたいなの(ジョイ)とかがもっと活躍していれば?
でも何かを足したらダメな感じになっちゃいそうなところもあり、ううんと悩みながら作品つくるのって大変だなあと思った。

hulu-japan.jp

Huluオリジナル「エンシェンと魔法のタブレット」ではソースコードみたいなものが魔法と呼ばれていた。
ピザを運び、工場を3Dプリントするドローンがかっこいい。
よくわからないけど結局オニというのはバグなのかな。

伝わりにくい個人的みどころ
  • 蛇行する瀬戸大橋

素晴らしきかな、人生

みた。

wwws.warnerbros.co.jp

悪くない映画。俳優陣が豪華なせいか短くこじんまりとまとめてある。ファーストデイの1,100円で見たから特に文句もない。
結構泣かせにくるのだけれど、もう一声!っていう消化不良がある。
もっと何か起きるんじゃないかと期待しすぎたところはある。とはいえ冒頭に書いたとおり悪くない。
一応、そういうことかあという落ちもある。
古いクリスマス映画「素晴らしき哉、人生!」と同じ邦題がついてるけれど、今回のも一応クリスマス映画。
愛、時間、死を名乗る三人の男女が訪れるプロットは、クリスマス・キャロルの過去、現在、未来の幽霊が訪れるそれと似ている。
このクリスマスに関するバックグラウンドがあるともう少し面白いのかな。

rollingstonejapan.com

しかし、ローリングストーン誌が選ぶ2016年ワースト映画では、前々回見たマリアンヌ - A Perfect Night For Bananafishを上回って第3位。
アメリカ人から見てもちょっとクサい映画なのかもしれない。
でもこのクサい感じを劇内の役者として演じるという設定などはうまくやっていると思う。豪華俳優陣のうまさもあり、悪くない映画なのだ。

伝わりにくい個人的みどころ
  • オープニング
  • 公式サイトのドミノ倒しローディング画面
  • フェンスと話しているよ
  • セントラルパークのゴシックブリッジ


thetake.com